千葉の松戸を中心に関東一円で内装リフォームから屋根・外壁工事まで対応!

快適ルーフ工房

※日曜・祝日も電話でのお問い合わせには対応しております。 月曜日〜土曜日 9:00〜18:00 047-703-7780

まずは無料相談 メールでのお問い合わせはこちら
  • 住宅の棟板金について

    2020.07.3

    こんにちは!

    快適ルーフ工房のまっちゃんこと松木です!

     

    最近はより一層暑くなり、雨も多くなってきましたね。

     

    さて、そこでこの時期によくある案件その対策について紹介したいと思います。

     

     

    住宅の屋根に関してです。

    雨漏りや、棟板金が飛ばされるなどの案件が多々寄せられています。

     

    まず棟板金とは何ぞやという事ですが、、、

     

     


     

    この棟という部分は、屋根の面と面の合わさる部分の継ぎ目であり、棟板金とはその上に被せる板金のことをいいます。

     

     

    この棟板金の中には、固定する為に下地に木材などが使われている事が多いです。

    このような感じです。 しかし画像を見て分かる通り、木材が腐食しているのが見てとれます。

     

     

    これは、長年の経年劣化もありますが、ごく僅かな隙間から強い雨や風で浸透していくのです。

     

     

    そして木材が濡れてしまうと次に起こるのが腐食などしてもろくなります。

     

    棟板金を固定している下地木材が腐ってしまうとほとんど乗っかっているだけの状態になり、強風時や台風の時飛ばされるのがほとんどです。

     

    また飛ばされた板金が近隣に被害があったり、建物自体に水が浸入するとダメージが広がるので、その前に対策したいところです。

     

    メンテナンスをしていなかったり、10年以上何もしていない住宅は要注意です。

     

     

     

    そこで今回紹介したいのは、その木材の代わりになる樹脂製の下地です。

     

    こちらが樹脂製の下地です。 木材に比べて費用は増しますが、耐久性はそれ以上です。

     

    弊社で工事する場合はどちらも説明の上、提案させていただいております。

     

    同じ大きさなので、同じように取り付けます。

     

    このように樹脂製の下地にすることで腐食もせず、耐久性を保つ事ができます!

     

    また釘で固定してたものから、ビス固定にすると更に強度が増します

     

    このように、対策していけば今後強風や台風など家自体を守ることが出来るので気に掛けてみてはいかがでしょうか?

     

     

    気になることがあれば、我々快適ルーフ工房にご相談下さい

     

    これからも、スタッフ一同頑張っていきます!!!